税理士も恐れる!『資格商売の落とし穴』

資格商売 落とし穴
我ながら税理士業って、なかなかいい商売だと思っています。

これ、ほんと。

なぜなら、私のことを全然知らない人でも、勝手に「まじめ」だとか「頭がよい」、しまいには『お金持ち』みたいなイメージを持ってくれるからです。

ある程度気分はいいし、資格を持っている社会的信頼性があるため、初見の打ち合わせなどでも、相手も一目置いてくれて、仕事はやりやすくなります。

スポンサーリンク

資格に固執するとリスクを取らなくなる

…ところが、実際の私は、リスクの取りすぎでカツカツ状態です。

うっかりすると、投資不動産の固定資産税のスケジュールを忘れて、税理士なのに滞納が発生する始末。

ホント情けないお話ですね。もちろん、すぐ払いますよ。それこそ消費者金融に走ってでも。税金滞納していると、借入できないし…。(そっちかよ!)

税理士が恐れる『資格はく奪』

でも、このイメージこそが税理士、というより資格の強みそのものだと思っています。

私だって、

「私の職業は、医者です!」

と聞けば、少なくとも猛烈に頭はいいだろう、医学部に行けるくらいには実家が金持ちなんだろうと想像します。

同じように、弁護士でも警察官でも、職業それぞれにイメージというものはついて回ります。その中で税理士は、そこそこ有利なポジションであることは間違いないと思います。

しかしながら、今回はそんな税理士業の落とし穴について、あえて語っちゃいます。

税理士に限らず、堅い商売の弱点ってなんだと思いますか?それは、他でもないその『資格そのもの』なのです。

  • 時間もコストもかけて、やっと取った資格という思い入れ
  • 実際に表面的な資格だけで社会的信用が得られるという事実
  • 各種資格を規制する法律による行政罰の規定

そういったものが積み重なって、税理士は税理士資格を失うことをものすごく恐れるわけです。裏を返せば、それがきちんとブレーキになるからこそ、信用が得られているわけでもあります。

「元税理士」になる恐怖とリスク

ところが、

このように堅い商売ほど、」がついたら即死になります。

「元」税理士…。

「絶対何か金絡みの悪いことやったんだろ?」

って普通、思いますよね。

実際になぜ「元」になってしまった理由はわからないのに、今までのプラスイメージが逆転して、かえってマイナスイメージになるのです。税理士からすると、これは怖い。

でも、その結果、もっと怖いのは、リスクの取り方をはき違えてしまうこと。これです、今回はこれが言いたい。違法な事をやるのはもちろんダメです。私だってそんなことはしません。

でも、合法なもので、なんら違法性はないなのに、ミスすること自体を恐れて”勝負しない”ことになってしまうのであれば、これはちょっと違うと思うのです。

保身・怠惰のために提案しない者は、プロではない

税理士は、節税の事でお客様と議論したってまず負けません。

なので、お客様が分からないからと、例えばグレーゾーンではあるけれど、認められている有利な提案があったとしても、自分のリスクにはなるから、勝負しない(提案しない)場合があったとします。

それでお客様が離れてもやっていける税理士なら、それはその税理士個人の経営方針なのかもしれないので、それはそれでよいのかもしれません。

ただ、「プロとしてどうなんだ」と思います。

条件整えればやれる節税があって、お客様のニーズに応えるために、それがベストだと分かっているのに、「面倒だから」「やったことないから」「税務署と議論になるから」、やらない、提案しないって、それはおかしいでしょ。

できないならできないでもいいですが、そんならそれでお客様に言うべきです。

『怖いからやりたくない』って。

知っているのに知らせない、やれそうな気もするけど怖いからやらないってのは、やはりそれは専門家としてダメだと思います。

…熱く語ってしまいましたが、みんながそんな税理士だと言っているわけではありません。ただ、資格に固執するあまりに、そのような「可能性がある」ということは、頭に入れておいても損にはなりません。

やっぱりコミュニケーションが大事ですね。

—————————

偉そうなこと書きましたが、そういう私もやっぱり資格はなくしたくはないです。税理士資格を取った時は、親も泣いて喜んでましたし。

ただ、プロである税理士としては、やっぱり「お客様のために勝負をしたい」とは思っています。で、勝ちたいんです。自分の為にも。

難しいなぁ。

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

おすすめ記事と広告

シェアする

フォローする