やってみよう!不動産投資!【サラリーマンでもできる副業の方法②】

サラリーマンと不動産投資
『不動産投資を始めよう!(サラリーマン)』

不動産投資は、楽しいです。

お金が儲かるならさらに楽しい。そして、何よりサラリーマンの副業に向いているのです。私は独立してから不動産投資を始めましたが、今思うとサラリーマン時代に少しでもかじっておいた方がよかったなと後悔しているくらいです。

関連  やってみよう!副業!【サラリーマンでもできる副業の方法】

スポンサーリンク

不動産投資がサラリーマンの副業に向いている4つの理由

①就業規則の兼業禁止規定に引っ掛かりにくい

通常、サラリーマンは副業が認められていません。

しかし、不動産投資は上場企業の就業規則でも例外的に認められていることも多いです。こっそり動くのは思っているより難しいし、精神的にも疲れます。

②維持管理に手間がかかりにくい

不動産投資では、売買も賃貸も業者を通すことが一般的です。

良い業者を見つけさえすれば、常に業者がクッションになってくれるので、クレーム対応なども自分に直接きません。

これは、「人を雇う必要がない」ということでもあります。外注である業者に頼めば、「自分の従業員に目が届かずに、パフォーマンスが極端に下がる」、ということを気にしなくて良くなります。

また、自分一人でできる副業として、株式投資や為替(FX)などでは、”自分が動けないとき“に大きく値動きしたら、大損することがあります。

しかし、不動産の場合は、物件売買の”先着競争”以外では、そこまでのスピード感を要求されることは少ないです。

③損益が読みやすい

不動産の収支は、計算しやすいです。

不動産物件の売買では、ほぼ100%価格交渉が発生します。なので、「いくらで売れたらいくら利益が出るか」「いくら税金がかかるか」を、事前に計算しながらやり取りできます。

また賃貸物件では、毎月のキャッシュフローは、入退室や契約更新がない限り、基本的にほぼ固定です。なので、いくら手元に残るかなどが非常に読みやすいです。

賃貸物件からは、大きな臨時収入は売買以外では発生しにくいですが、現在の生活をあまり乱さずにコツコツと積み上げていけるのです。

④融資を受けやすい

「不動産投資は、サラリーマンに向いている」

と私が考える一番の理由が融資を受けやすい点です。

以前の記事で書いたように、不動産投資に一番重要なものはお金です。現金で十分な資金を持っているような資産家の方は別ですが、普通は融資を受けることが前提になります。

(個人的には、たとえ現金を持っていても「レバレッジをかけるため」と「いざというときの資金確保」のために、常に目いっぱいの融資を受けることをおすすめしています。)

サラリーマンの方が融資を受けやすい

サラリーマンへの金融機関の評価は、自営業より高いです。

もちろん、年収や勤続年数、大きな会社かどうか公務員かどうかなど条件はいろいろありますが、まじめに長く働いてさえいれば、500万円くらいの年収で、1,000万円くらいのマンションの一室にローンを組むことはさほど難しくありません。

条件次第では、もっと高額物件にもチャレンジできます。

ローンの額が大きいと身構えてしまうでしょうが、最低限ツボを押さえた物件選びをすれば、株式などよりも売却しにくいとはいえ、売れてしまえばお金になるわけですからむやみに怖がる必要はありません。

ただし、これから『住宅ローンを組みたい』というようなニーズがある場合には、先に不動産投資でローンを組みすぎていると、不利になる可能性がありますから気を付けてくださいね。

やってみよう!不動産投資!まとめ

どうでしょうか?

サラリーマンのあなたも、不動産投資を始めてみませんか?

きちんと勉強して、投資額が一定規模以上になれば、割と安全にお金がお金を産むサイクルを作ることができます。

関連  やってみよう!副業!【サラリーマンでもできる副業の方法】