ネットワークビジネスが『ダメ』な理由①

ネットワークビジネスがダメな理由
「ネットワークビジネスがだめな理由①」

こんにちは。いつもの税理士と言うより、山師の匿名税理士です。

いやぁ、山師っていい響きだなぁ。

さて、今回は私にも時々声のかかるネットワークビジネス(別名 MLM:マルチレベルマーケティング)についてのお話です。

ネットワークは一応、合法ではありますが、どうにも日本では馴染みそうにないですよね…。コレ、あなたはどう思いますか?

私は『ダメ』だと思っています。何が『ダメ』なのかも含めて、その理由を以下で理屈っぽく詰めていくことにしましょう。

(あくまでも個人的な感想であることは一応先にお伝えしておきます。)

スポンサーリンク

ネットワークビジネスとは?

ネットワークビジネスとは、自分が紹介した方、さらにその方から派生した紹介者が商品やサービスを購入することにより、紹介料が得られるというビジネスモデルです。

ねずみ講やマルチといった違法な形態と混同されることがありますが、ネットワークビジネスは実際に商品やサービスを介在することから、全くの合法です。

ただし、実際には詐欺まがいの勧誘や商材、売り方をする業者がたくさんいるので、一般的なイメージは最悪だと言えるでしょう。

久しぶりの知人からの連絡は、宗教かネットワークビジネスだという冗談が成立するくらいです。でも、その冗談はあながち間違っているとも思えません。

ネットワークビジネスの冷やかし方

そこそこ交友関係が広い人なら、すでにネットワークビジネスにハマった方から定期的に声がかかります。そして私は、そのセミナーに冷やかしで行くのが好きなのです。

性格が悪いと言われようが言われまいが、好きです。実際面白いですよ。

ネットワークビジネスのセミナーに行ってみると分かりますが、彼らは『無知な人間をどのように熱狂させるか』を非常にまじめに研究しています。

そのため、スピーカーとしてのスキルやセミナーの段取りなどは大変勉強になります。いちいち理にかなっているんですよね。そして、数をこなしているから、その精度が極めて高い。下手な芸能人のディナーショーよりこなれています。

どうやってセミナーに勧誘するか、セミナーではどのように誘うか、スピーカーの成功者としての振る舞い方、”サクラ”がスピーカーの話に合いの手を入れるタイミング…。

本当に何から何まで考えつくされています。

極めつけは、セミナーの資料の数字や科学的根拠などはだいたいの場合突っ込みどころ満載なのですが、せっかく盛り上がったところに冷や水をかけられないように、質疑応答は全体の場では受けてくれません。

具体的な質問は紹介者に個別に聞いてくれ、と。こればっかり。

私はこれがいつも悔しい。想定外の質問をスピーカーにぶつけることで、スピーカーの力量が図れると思うんですが、なかなか尻尾を出してくれません。

まぁ、このくらい意地悪な視点で見られるなら、そしてあなたが「NO」と言える日本人であれば、セミナー自体は非常に興味深い体験となることでしょう。

さてさて、アレコレ書きましたが、次回ではネットワークビジネスがなぜダメだと思うのかを書いていきますね。

関連  ネットワークビジネスが『ダメ』な理由②

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

おすすめ記事と広告

シェアする

フォローする