言霊(ことだま)を大事にしない自営業者はうまくいかない

言霊と自営業主
「言霊の話」

あなたは「言霊(ことだま)」って信じていますか?

言い換えるなら、

「言葉には、人生を左右するようなエネルギーがある」

と思いますか?

私は、そう信じています。

私は基本的に、目に見えるものや自分が体験したことしか信じません。

宇宙人や心霊現象は存在したって構いませんが、私の目の前で発生してほしいものです。生まれてこの方、金縛りにすらあったことがありません。

占いや血液型の類も信じません。そんなものがあるなら、自分の事をバシバシ当ててほしいものです。そうしたら、むしろ熱心な信者になるかもしれません。

スポンサーリンク

言霊という自己暗示の力

そんな私ですが、言葉や意志による力は信じています。

まぁ、どちらかというと自己暗示として心理学で説明できそうなものの類ですね。ちなみに、残念ながら私自身がそれを証明できるわけではありません。

しかし、私自身は実際に自分の発言によって自分自身を追い込むことによって、何とか仕事のモチベーションを保ったり、借金のプレッシャーに耐えたりしています。

いつも”ヘラヘラ”しながら借金はいいものだと吹聴して回っていますが

実際は、

「そうでも言っていないと、精神的にきつい場面はいくらでもある」

というだけなんですよね。

その話はまた近々書きます。

本人達が知ってか知らずか、一般的な言霊の活用方法としては、たとえば上司との面談で具体的な目標について合意するとき、社長が飲み会で壮大な夢を語っているとき、会社が事業計画説明会を開催するときなどがあります。

リーダーがそれを意識して、わざわざ言葉に出す。

たったそれだけの事ですが、発した言葉の種類により、絶対に行動に変化が出てくると思っています。

(リーダーに対する従業員が内心で舌を出しているような場合はわかりません。その時には「リーダーの独りよがり」で、あまり効果が見込めないかもしれません。)

自営業者には自己暗示は効きやすい

自営業者の場合は、最終的に責任を自分でとるしかありません。

なので、自営業者にとっては、自己暗示の力というものは、(サラリーマンと比べて)格段に効果があるものだと思っています。

経営者が誰かに対して何かを発言してしまったら、それをやらなかったら(やれなかったら)その瞬間から「嘘つき」になってしまいます。ですから、発言の相手がお客さんなど自分にとって重要な人であるほどプレッシャーは大きくなりますね。

ちなみに、私もこのブログで借金の目標を提示しています。

このブログは匿名ではありますが、私はプライベートの仲間に対しても同じことを公言して回っています。というか、仲間がこのブログを見たら、私が誰か一目瞭然なんですよね。もうバレバレです。

自営業をやると、みなさん知らず知らずのうちに自己暗示をかけています。

これは、副業だって同じです。

いつまでに実行に移す、どれだけの結果を出す、何でも良いです。あなたも是非、発言してみてください。ビックリするほどスピード感が変わる、プレッシャーがかかると思います。

もし、変わらなかったら、それこそあなたがダメ人間だったか、本気では無かったか、ということですよね。

サラリーマンではなく、せっかく自営業者(もしくは副業で稼ぐ)という希少な道を選んだのであれば、ネガティブな発言を繰り返しながら、わざわざ自分をダメ人間として自己暗示をかけている余裕などありません。

私もあなたに負けずに頑張ります。

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

おすすめ記事と広告

シェアする

フォローする