【経費削減】の限界

経費削減の限界
「経費削減の限界」

業績を良くする、あるいは、手元にお金を残す方法の理屈はとてもシンプルです。

売上を増やす」か「経費を減らす」の2つしかありません。

経営者の方ならすでにご存じですよね。

そうです、言うまでもありません。

しかしながら、

後者の「経費を減らす」ことは、即効性・確実性はあるが、それも”限界がある”という点については今更ながら、きちんと考え直しておく必要があります。

“経費削減”にばかりとらわれないよう、十分に注意してください。

スポンサーリンク

経費削減よりもまずは売上を

一部ボランティア的な事業を除き、基本的に商売はお金を儲けるためにやっています。

だから、まずとにかく、売上ありき

経費うんぬんよりも、まず売上を増やすことが大前提です。なので、たとえば新規事業を立ち上げたばかりの方なら、ひたすら売上を追っているはずです。

でもさらに売上を増やすためには、追加投資が必要だったり、地道な営業活動が必要だったりと色々と手間がかかります。

その手間が理由なのか、

すでに既存ビジネスを一定レベルまで築いているような組織の会議では、利益を出すための方策として、担当部署や社長の判断のみでもすぐに結果の出やすいような「経費削減」話に終始する場面を見かけるのです。

たしかに、配置転換や事務所の統廃合などの効率化により、明らかな「ムダを省く」のであれば、すぐにやるべきでしょう。

でも、むやみやたらに経費を削減しても、断食と同様に会社の基礎体力としての「エネルギーを失っていく」可能性も頭に入れておかねばなりません。

少なくとも経費削減は、前向きな投資のお金を捻出するための経費削減であるべきです。事業としての未来志向がない、目先の苦し紛れの経費削減は、まったく意味がありません。

なので、たとえば”脱サラ”したばかりの個人事業の方の場合、

経費削減ばかりで売り上げを頑張ることに気持ちが向かなくなってしまったら、傷の浅いうちにサラリーマンに戻った方が無難です。

経費削減の方法なら、とにかく固定費の削減

さて、せっかくなので、少し具体的な経費(支出)削減のやり方にも触れておきます。

月並みですが、やはり第一に「固定費を削減すること」が重要です。

固定費というのは、毎月発生する経費です。

一方で、必要に応じて発生する経費の方は変動費と言います。

毎月出てくる経費(固定費)の方を削減できれば、今後は自動的にその費用負担が減少することになるため、当然、節約の効果は大きくなります。

具体的な固定費としては、人件費、家賃、保険料、(税理士の顧問料)などはすぐ思いつくところですね。

これには、「正社員をパートに切り替える」なんて方法も、固定費削減に含まれます。

さらには、

「妻には仕事を手伝わせずに、外にパートに出て給料を稼いでもらう」

なんてことも固定費の削減と、収入増加の合わせ技です。

(その分人手は足りなくなるかもしれませんが…)

また忘れがちなところでは、

「クレジットカードの手数料や複合機のカウンター料金」

もバカにできません。

例えば飲食店などでお客様がカード払いを選択すると、お店はカード会社に手数料を取られますが、この手数料率は交渉次第で変わります。

交渉を受け入れてくれるかどうかは、毎月の取引高による部分もありますが、交渉で下がらずに納得できないなら、安い業者を探してみてはどうでしょうか。

最近では「楽天スマートペイ」などは手数料率が安めで、入金タイミングも割と早く、人気があるようですよ。

スポンサーリンク

複合機本体・カウンター価格も「交渉次第」

事務所で印刷を大量にする業種の場合には、いわゆる大きな複合機を導入します。

そうするとインクをその都度電気屋で買うのでなく、「1枚〇円」という単価をベースとしたカウンター料金での支払いになります。

このカウンター料金も、業者との交渉次第です。

新規設置の時はもちろんですが、入替の時もしっかり交渉しましょう。きちんと相見積を取って「競合」をアピールすると結構頑張ってくれます。

モノクロで1円台なら合格です。

ちなみに私の場合は、本体とカウンターの優遇価格をお客様に紹介もしています。

なので税理士に聞いてみるのも一つの手ですね。他にも変わり種の”節税方法”では、「年金の免除」とか。

(こちらについては、そのうち別記事で触れてみたいと思います。)

まとめ

さて冒頭でも書いたように、経費削減には限界があります。

経費削減だけをしていても、根本的な解決はあり得ません。

従って、まずは売り上げのことを優先順位第一位で考え抜くべきでしょう。

しかしながら、まずは生き残らないと逆転もないわけで、経費削減も「やる」となったら腹をくくって、徹底的にやりましょう。

とはいえ、多くの場合で削減可能な経費というのは、今までスルーしてきたムダな部分です。具体例に挙げたものも、平時に取り組んでも良かったものばかりですよ。

本当は業績の良い時、余裕のある時にこそ、税理士と相談をして「ムダの洗い出し」をやっておくのがいいんですけれどね。

(皆さん、なかなかそうはいかないようで…)

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

おすすめ記事と広告

シェアする

フォローする