【確定申告】「税金の納付は振替納税がお得です!」振替納税のメリットとは

振替納税のメリット

ちょっとお得。振替納税。

いよいよ確定申告シーズンが佳境です!

私もヒィヒィ言いながら仕事をこなしています。

今回はそんな確定申告絡みのちょっとお得なお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

<所得税の納期限は3月15日>

これは周知の事実ですが、一応書いておきましょうね。
所得税の確定申告の申告期間は、【2月16日から3月15日】となります。

ちなみに、最終日である15日が土日になると、期日は後ろにずれます。それから、還付になる申告の場合、2月16日以前でも申告することができます。

今回お話したいテーマは「納税の期限」なんですが、こちらも確定申告と同じ3月15日になります。納税の期限とは、確定申告で確定した税金を、いったいいつまでに納付するのかという期限のことですね。

実際の納付方法は、納付書で銀行や郵便局で納めるのが原則です。でも最近では、振込やクレジットカードで納めることもできるようになりました。

<振替納税という制度がある>

所得税の支払方法には触れましたが、その納期限自体をずらす方法があります。
それが「振替納税」です。

振替納税にする方法はけっこう簡単で、税金を口座引き落としにするだけのお話。金融機関までわざわざ納めに行く必要がなくなるというメリットは当然ですが、この制度にはもう一つ重要な効果があるからです。

それは「納期限が遅くなる」ということなんですね。

振替納税にしておけば、税務署は提出された申告書をもとに、金融機関に引落の請求をかけるので、その手間の時間だけ引落期限が延びます。

例えば、平成29年分の確定申告であれば、3月15日までに申告し、振替納税の引落日は4月20日に。

何事も支払いは遅ければ遅いだけ有利ですから、無条件に支払日が遅れる振替納税は非常に有利だと考えています。

特に、納税額が高額な場合、資金繰りの時間が稼げますよね。

また、クレジットカード支払いでも多少、支払日が遅くなる効果が期待できますが、税額によっては限度額もあるため、全額支払えるかどうかはわかりません。

振替納税は、手続きも簡単です。
なんと、「納付書送付依頼書」という申込書を提出するだけ。

参考HP [手続名] 申告所得税及び復興特別所得税、消費税及び地方消費税(個人事業者)の振替納税手続による納付

<消費税はちょっと違うので注意>

ここまでは、「所得税」の振替納税のお話をしてきました。

振替納税は「消費税」の納付にも使うことができます。ただし、消費税はもともとの申告期限が所得税とは違い、3月31日(平成29年分は土日の関係で4月2日)です。

そこで、振替納税の引落日も微妙に違って4月25日となっています。個人で消費税を納めている方はそんなに多くないと思いますが、ちょっと注意してください。

【振替納税による納税期限の変化】

  • 所得税:3月15日→4月20日
  • 消費税:3月31日→4月25日

さて、そんな便利な振替納税ですが、ぎりぎりの提出での印鑑相違などの書類不備や、口座の残高不足にはくれぐれも注意してください。

わざとではないとはいえ、手続きや引落に失敗した場合には、『罰金』が発生してしまう可能性がありますからね。

スポンサーリンク
おすすめ記事と広告

おすすめ記事と広告

シェアする

フォローする