確定申告の「還付」はいつ戻ってくる?還付金を早めるために気を付けること3つ

確定申告 還付 いつ

「還付申告の税金はいつ戻ってくるの?」

確定申告時期のお話。

提出する申告書が、「納付」ではなくて納め過ぎた税金である「還付」となる場合に、よく聞かれる質問です。

戻ってくる税金は一刻も早く欲しいのが人情ですよね。特に、住宅ローン控除などで金額が大きいとそのワクワク期待も大きいものです。

その気持ちはよ~~くわかります。

税金はいつ戻ってくるのでしょうか?

スポンサーリンク

税務署は確定申告の提出順に還付手続きをしている?

一応、断っておきます。私は税務署内の人間ではありません。

(税理士です。あたりまえですね。)

なのであくまでも「感覚的な話」となりますが、税金の還付などで税務署とやり取りをしている中で、『おそらく税務署内はこんな感じだろう』と考えていることを書いてみました。

  • 申告書が「提出された順番に内容をチェック」、その順で還付手続きを行っている。
  • 書類不備等があるものは、どんどん後回しにされる。
  • 通常求められる添付書類のほかに、資料の提出を求められる場合がある。
  • 還付の締日は月に2回。その締日に対応した還付日がこれまた月2回ある。

・・・とまぁ、こんなところですかねー。

確定申告で「早く還付金」を受けるには

書類などに不備がなく、スムーズに還付手続きが進んだ場合、体感では提出より1か月程度で還付が実行されています。

ただ、特にこの時期に注意したいのは、確定申告の一番忙しい時期では、やはり還付まで時間がかかる傾向があります。

私のお客様の事例では、何の不備もないはずなのに、3か月くらいかかったことがあります。でもさすがにこれは税務署を責められません。

なぜなら、この時期の税務署の混雑は本当に恐ろしい具合であると想像できます。

なにより、私自身も「ヒィヒィ」いっていますからね…

なので還付を早く受け取りたい人は、とにもかくにも、「早く申告してしまう」のが一番の近道ということです。

還付金を遅くする<書類不備等>の典型事例

今まで書いてきた通り、

スムーズに進めば還付は早くて申告から1か月程度で受け取れます。

でも、書類不備があると、税務署からその連絡を受けて、書類の修正や追加資料をあらためて提出しなくてはいけません。

そのため、それから再チェックとなると随分と時間がかかってしまうことになります。

そこで、還付金を速やかに行うために、気を付けたい典型事例について以下でお伝えします。

① 「還付先口座の情報」が間違い!

モロに初歩的なミスです。

口座番号が間違っていたり、100%こちらが悪い。

確定申告が「還付」となる場合、原則的には還付金の振込先となる銀行口座を指定することになります。

でも、その銀行口座情報が間違っていると、まず銀行から間違いだと税務署に連絡があります。その次に貴方に連絡が来ることになるので、それなりに時間ロスとなります。

なので申告前に、口座情報に誤りはないかしっかり確認して下さい。

スポンサーリンク

② 「住宅ローン控除」初年度の売買契約書に『印紙忘れ』!

「住宅ローン控除」はお馴染みですよね。

家をローンで買うことを検討した人ならば、誰でも聞いたことがある話。

住宅ローン控除では、税金の大きな減額や還付金が期待できますが、添付書類がそれなりにあります。

それら必要書類の一つで、「購入物件の売買契約書コピー」も提出するのですが、うっかり印紙を貼り忘れていると、税務署からすぐにツッコミが入るので注意して下さい。

印紙を貼って、割印まで押した資料を再提出をしないと、還付の手続きに入ってくれないようなんですよね。

ちなみに、印紙の貼り忘れ(又は故意)じたいにも罰則の規定があります。

でも、一般人のうっかりミスですぐに訂正した場合には、今のところ罰金まで求められた事例は、私のお客様の間ではありませんね。大目に見てくれているということでしょうか。

③ 「電話番号」の記載漏れ!

何らかの不備があった場合に、電話番号を記載していないと、税務署からの連絡が書面になってしまいます。

書面は当然、郵送でのやりとりになるため、その分情報が伝わるのが遅くなってしまいます。

最後に…「消費税の還付」は全く別物

今までは、「所得税の還付」の話をしてきました。

所得税の還付は、例えばサラリーマンなど給与収入がある人の天引き(源泉徴収)された税金が戻ってくるだけですが、消費税は自分が納めた以上に税金を受け取れるケースがあります。

また、治めていないのに税金を受け取れる場合もあるのです。

なので、「消費税の還付」はチェックがものすごく厳しいです。

こちらについてはちょっと難しい話もあるので、今回は深くは触れません。とにかく消費税の還付は、所得税とは全くの別物と覚えておいてください。

いかがでしたか?
みなさんの所得税もスムーズに戻ってくると良いですね!!

ではまた。

コメント

  1. Bartman より:

    検証ありがとうございました